航空ガソリンの場合、蒸気圧が高いためにベーパーが爆発限界よりも高濃度になるので、通常のオペレーションにおいては静電防止剤を入れなくても安全上問題ないためではないかとのことです。 逆にJet A-1やJP-4ではベーパーが爆発限界に入りやすいために、静電防止剤が必要なのだと考えられます。 航空ガソリンの導電率ですが、静電防止剤が入っていないのでほぼゼロだそうです。]